金銭負担が少なくて補償が良い物を選ぶこと 2015年4月9日

知人のペットが病気になり、高額な医療費がかかったという話を聞いて、自分の犬が同じように治療が必要になったときを想像して、
保険が効かないペットの医療費は負担になるであろうこと、金銭的負担を軽減しつつ充分な治療をしてあげたかったので加入しようと考えました。
たくさんの会社でいろんな種類の保険があるので資料請求や、見比べるのが大変でした。また、受付で保険証を提示するだけで割引されるタイプ、
診断書を頂いて保険会社に郵送してから返金されるタイプなどがあり、かかりつけの病院が対応しているかなどの下調べが必要だったり、
加えて先天的になりやすい病気に対しては保険対応になっていなかったり、会社によってばらつきがあるので悩みました。
2年ほど加入していますが今のところ大きな怪我や病気などもなく、まだ活用はしていませんが、もしもの時使えるという安心感があります。
私の加入している保険会社は診断書を郵送する必要があるので、利用する場合は手続きが少し面倒そうだなとは思っています。
人間と比べると少し割高かな?という印象はあるものの、心臓病や脳の病気の治療費リスクを考えれば人間の保険のようにあって当たり前だという感覚なので、
不満は感じていません。

コメントはまだありません
Categories: 未分類

掛け金は手軽なものがおすすめ

現代では、ペットも家族の一員であり、無くてはならない存在だと言う人も多いのではないでしょうか。
私もそのうちの一人であり、愛犬の柴犬を見ているだけで、心が癒され、この子の為に何でもしてあげたいと言う気持ちになります。
しかし、ペットを買うと言うことは、責任を負うと言うことでもあります。
ペットが怪我や病気をした場合には、治療費も掛りますし、人間とは違い、健康保険がありませんので、全額負担をしなくてはいけなくなります。
うちの愛犬も、体調を崩した際に、救急病院に行き、治療費だけで3万ほど掛りました。
可愛い愛犬のためとは言え、かなり痛い出費でした。
このことから、ペット保険に加入しておこうと考え、掛け金の手頃なものを探しました。
現在加入しているものは、他のペット保険に比べると、掛け金が比較的安く、7割負担のコースで、月に2700円程度になります。
これは、ペット保険の中では安いほうであり、他の保険では、これぐらいの金額だと、大抵は5割負担のところがほとんどです。
そのためか、その保険は人気があり、加入者も増えているとのことです。
保険に加入した後、怪我をしたので、保険を使ってみたのですが、スムーズに審査が降り、すぐに治療費が支払われました。
病院の領収書を送れば良いだけなので、とても便利でした。
現在でも加入していますが、この保険は年々、保険料が増えていくものですので、負担はやや重くなりますが、愛犬のためを思うと、保険を解約することは考えていません。
保険はあくまでもお守りとして考えていますので、病気や怪我をせずに、いつまでも元気でいて欲しいと思います。

コメントはまだありません
Categories: 未分類

あっというまに保険料の元を取ることができました(汗)

我が家の犬を、ペット保険に加入させる事になったきっかけは、犬を購入したペットショップの強い勧めによるものでした。色々なパンフレットやインターネットで条件等を調べて、だいぶ家族で悩みました。保険料が高い分、かかった費用をほとんどカバーしてくれるもの、保険料を抑える分、かった費用の半額ほどしかカバーしてくれないものなど色々ありました。そして、最終的には、保険料が高い分、かかった費用をほとんどカバーできるタイプにしました。あまり使う事もないだろうなと思いつつ、年払いをして、とりあえず1年様子を見て、その後判断をすればいいと思っていました。
家に新しい家族を迎えて1月としないころ、犬がなんと前足を骨折してしまったのです。家族が抱っこをしていた際、あばれて飛び降りようとして、ゆっくりおろそうとしたのですが、間に合わず少し高めの場所から飛び降りてしまったのです。しばらく泣き止まず心配をしていましたが、その後眠ったので安心していましたが起きるとびっこをひいていました。慌てて動物病院へ連れていくと、あっさり「折れてますね」との診断。もうびっくりしました。かわいそうで、申し訳なくて。全治1月ほどとの診断でした。それも、毎日赤外線をあてに来るように指示がありました。
その後かかった金額はびっくりするもので、あっという間に保険料の元を取ってしまいました。やはり、犬などのペットを飼ってすぐは特に、保険に入っておかなければいけないと、実感させられた出来事でした。

コメントはまだありません
Categories: 未分類

ペット保険は毎年値上がりすることに驚きました。

愛犬を迎えた際に購入したペットショップで加入を勧められました。
実家で猫を飼っておりペットの医療費は高額であることはわかっていたので、もともと加入を検討していましたが、どこのペット保険を選べばいいのか具体的な検討はしていませんでしたので、ペットショップで勧められたアニコム保険を含めじっくり検討することにしました。
いろいろ調べてみると、保険会社によっては通院した後に書類で保険金の請求をしなければならないことを知り、一時的にこちらで医療費の負担をしなければならないことや保険金の請求に手間と時間がかかることに抵抗があったので、最終的に保険証を提示するだけでその場で保険が適用になる保険会社で一番有名なアニコムで契約することに決めました。
その中でも保険の支払い割合が70%のプランと50%のプランがありました。初めて迎える愛犬だったので、どの程度通院することがあるのか。病院にたくさんお世話にならなければいけない病弱な子だった場合は手厚いプランを選びたい…と、わからないことばかりで選択に非常に苦労しましたが、先天的に病気がなかったことや丈夫な犬種だということだけを頼りに保険料の負担が少ない50%のプランで月を選びました。

結果、健康診断と皮膚のアレルギーで年に数回お世話になる程度だったので今のところ50%プランで問題ありません。病院で保険証を提示するだけですぐに保険の適用になるので楽ですし金銭的な負担もなくとても便利だと思います。
ちなみに保険料は月に3800円ほどですが年払いにすると多少安くなるので年一括払いにしています。

また、今年から年の通院日数に制限があり保険料が安くなるプランか、通院日数制限がなく保険料が高くなるプランという2つに契約変更になりました。
通院日数に制限があるプランで契約したのですが、これでよかったのか今でも少し不安があります。

ペット保険を検討するにあたって何よりも驚いたことは、毎年契約する必要があり年々保険料が上がってしまうことです。15歳になると多くて年間10万円もかかります。また、上記のように保険の契約内容も変更になったりします。
今後もペット保険加入者が増えれば、その分カバーされなくなることもあると思うので、保険を契約しないでその分貯金していくか、そのまま契約して万が一に備えるか今後シニアになる前に検討する必要があると思っています。

コメントはまだありません
Categories: 未分類